Loading...

Memory's suicide

2021.08.11
それは忘れられたわけでも封印されたわけでもない。
その足に縋り付いてしまわないように、その手を掴んで引き戻してしまわないように、もう振り向いてもらわなくてもいいように、
今を生きようとするその命のために、前に進もうと決めたそ命のために、昔には二度と戻らないと誓ったその命のために、

心の中でさえ居場所を失った過去の自分は、自決する。


It's still not forgotten, and still not sealed.
To stop clinging one's leg, to stop taking and pulling back one's hand, to stop hoping for return,
For one's life who living the now, for one's life who decided to go forward, for one's life who swore that never return,

The memories lost own place even in one's mind, will purge itself.

▼ Afterword
助ける方法を探しているつもりだったけど、ついに間に合わなかったらしい。
この絵を描くのも、キャプションを作るのもしんどくて、これを描かなれけばまだ死なせずにいられるのになどと思いながら、結局何もかも終わらせてしまった。
過去が自ら存在を絶とうとしている瞬間を黙って見ているわけにもいかず、かといってそれを止められるような救いの手になれるわけでもなく、だからせめて自分の使える手法で、その無意識下に起きた「過去」の流動を、ここ「現在」に留めておかねばならないと思ったんです。
この創作はそのためにあります。おそらくこれからもずっと。
I was looking for the salvation for this trauma, but this mind has gone now.
I had suffered too much while draw this picture and write this caption, and I was sure that this trauma won't die if I don't finish this works. But finally I wasn't able to stop finishing.
I can't ignore the dying myself in old memory, but I never be savior. So I tried hard to record this old memory's unconscious movement of me with my way.
This series will exist for self-salvation. Probably forever.